関節の痛みの原因は年齢・遺伝・女房ホルモンのマイナス?

30年を過ぎた内から膝や手首、戦略の指など関節の疼痛が気になるようになりました。別に膝の疼痛は慢性化してしまっていて、狂い性関節症との検査にあたっている。

整形外科の先生いわく、年齢の力不足もあるけど遺伝的存在あるみたいです。そんなこと考えたこともなかったので至極意外でした。

も考えてみると、今までめざましい実行をした経験はないし、身の回りで関節をそこまで酷使しているわけでもないので、そんなふうにいわれると確かに合意がいきます。

それとこれは臆測ですが、奥さんホルモンの減算も関係しているのでは?って思ったりもしている。奥さんホルモンのうち特にエストロゲンが欠乏すると骨、筋肉、血管などに影響を及ぼすそうなので。

痛くなったきっかけとしては長時間の正座(膝)、フライパンを煽る(手首)、利き手と反対の手でコンセントプラグを引っこ抜く(戦略の指)という稼働の繰り返しではないかと思っています。

目論みとして今やっていることは、軟骨を繰り返すための栄養剤を服用することと、乗り物の筋トレだ。乗り物の筋力を決めるといった膝へのダメージが軽くなるそうですよ。

こういう二つの対策の効果としては、今のところは美しくもひどくもならずといったところです。二度と年間幾分ほど続けていて劇的なチェンジは未だにありませんが、とりあえずはこのまま続けてみようと思っています。http://www.un-forbachois.net/