バイアグラの効果って?

バイアグラにはどのような効果があるのでしょうか。

勃起不全に対して効果を発揮してくれるということを知っている人は多いと思います。

ですが、バイアグラがどのように作用して勃起不全に効いていくのかということはなかなかわからないのではないでしょうか。

それでは、バイアグラを使用した時の体に対する作用を紹介していきましょう。

まずは勃起の仕組みですが、勃起は、性器に血液が集まり硬くなることをいいます。

性的な刺激によって一酸化窒素ができ、環状グアノシン一リン酸が作られます。

環状グアノシン一リン酸というは、海綿体にある筋肉を緩ませます。

結果、血管から血液が流れ込んでいき勃起するということになります。

バイアグラは、環状グアノシン一リン酸に作用していきます。

5型ホスホジエステラーゼが体の中にあり、環状グアノシン一リン酸は力を失ってしまいます。

この時にバイアグラの中の成分のクエン酸シルデナフィルが、5型ホスホジエステラーゼが働くことを防ぎます。

そのおかげで、環状グアノシン一リン酸が分解されなくなります。

これによって正常に勃起するようになる・・・ということになりますね。

以上の働きによってバイアグラは、EDに対して効果を発揮するということになるのです。

ですが、これは性的な刺激を受けていない場合には勃起することはありません。

ですので、バイアグラを飲むことですぐに勃起するというものではないので、そこは覚えておいてくださいね。

【これでわかる!バイアグラのいろは】http://www.marioav.com/