ヘアスタイルを変えたんだけど・・・

ロングヘアーだったヘアースタイリングをバッサリとショートヘアとしてみたんだけど、なんとなく抜けた頭髪がフロアーに落ちているのが気になるようになったんです。

ロングヘアの時も抜けていたは想うんだけど、私の都合、常にシュシュによってひとつに結んでいたので、抜けたのが意思にならなかったのかもしれません。

お風呂場の排水口が塞がるような貰いもあったけど、それは「頭髪が長いから」としていたし。

もしや自分で気がついていなかっただけで、頭髪が抜け易いスカルプ環境になっていたのかもしれません。

は、1つで結んでいない当たり、ショートヘアにしたから際立つようになったのかも・・・

と考えたら、居ても立ってもいられず、スカルプ手助けをし始めました。

し始めた・・・と言っても本格的な手助けというわけでもないんだけど、ドラッグストアで気軽に払える物があるか。

それを使ってスカルプのマッサージをしています。

血行を鋭く限るみたいで、マッサージをすると凄く気持ちがいいんだけど、スカルプの状態や頭髪の階段がよくなったかどうかは、まだ判断できないですね。

お肌のためにも過保護は悪い!?

「過保護は本人のためには悪い」といったいわれますが
これは、お肌のスキンケアにも当たることです。

また、お化粧に起きるといった素顔で歩けなくなることは
逆戻りできない典型的な過去ですが
こちらのほうも見直す必要があります。

そういったなか、甚だ「故障の功名」ともいえる
ほんま面白い課題があります。

ひとつは、カラダを壊し、スキンケアができなかったのに
数日間、なにもしないことにより
ますますお肌の身なりがよくなったという事例だ。

こういうケースで注目すべきことは
スキンケアを休むことによって
お肌にプラスに働くとは考えていなかったことです。
 
もうひとつは、オフはお化粧をやめて
スキンケアも大幅に省略したことにより
お肌がキレイになったという貴重なトライアルだ。

こちらのトライアルでは、スキンケアを意識しすぎないで
お肌本来のもつ力を任せる実態への把握がみられます。

このことからも、養育だけでなく
自分のお肌を健康な状態に保つためにも
「過保護は悪い」といえるのではないでしょうか。

お肌の健康にはストレスフリーの家計を

身辺で、全く切歯扼腕を感じないことは不可能で
うまみ類に通じるためには、かえって、適度な切歯扼腕が大切です。
しかし、自分の許容範囲を越える過度の切歯扼腕は
心身の均整を広く崩しますので、注意が必要です。

自律心には、交感神経と副交感神経ってがあり
それぞれがバランスよく動く結果
さまざまな情景に対応することができます。

ただし、極度の重圧により交感神経が働き続けると
血管の収れんにて、血行障害が起こり
肌荒れの原因にもつながります。

また、切歯扼腕を発散させるために
スナック菓子を無造作に口に放り込むくらしは
肌荒れだけでなく、習慣病にも結び付きます。

当然、端末や戦いなどでの夜更け更かしは
翌朝の寝覚めを悪くするだけでなく
朝めしカットによる仕事の能率の後退など
身辺のありとあらゆる要素に影響を及ぼしてくる。

勤め方法が多能化した現代社会において
くらしを一様化するのは無理な話かもしれません。
そんな取り分け、自分の生活を見直して
ストレスフリーのくらしをすることが大切です。